プラスマイルグループ群馬
デリヘル(デリバリーヘルス)恋する人妻 高崎店

これより先はアダルトなコンテンツを含みます。
18歳未満の方はご退場下さい。

デリヘル 恋する人妻 高崎・伊勢崎店のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
当店は群馬「高崎エリア」人妻デリヘル店の中でも支持率No.1!!
ぜひ当店のサービスをご堪能き有意義なお時間をお過ごしください。

もちろん18歳未満のご利用は禁止となります、ご了承くださいませ。

お得なキャンペーン等、お値段の割り引きはもちろん、オプション無料などお客様のニーズにお応えできる多彩なシステムにより、
存分にお楽しみ頂ける内容盛りだくさんです。
また、メルマガ会員様には常に割安な情報や新人女の子の情報を発信しております。


 高崎のデリヘルの特徴は?


日本一の車社会と言われている群馬県。
だからこそ、群馬では風俗の中でもデリヘルが発達しています♪
高崎や伊勢崎、藤岡など各地にホテルが集中しているので、ご利用しやすい場所をご指定ください!
ホテル情報も紹介しておりますので、ぜひ参考にしてはいかがでしょうか。

群馬県の中でデリヘルが一番多いのは、もちろん高崎と前橋です。
当店は伊勢崎から藤岡、安中や埼玉県の本庄でもご利用可能。
貴方のご予約ひとつで駆けつけます!

ところで、群馬県を表す言葉に「かかあ天下とからっ風」というものがあります。
そんなことを聞くと、もしかして、デリヘルの女の子も気が強い子ばかりじゃないか……だなんて
心配する人もいるかもしれませんが、そんなことはありません、ご安心を!
実は、「かかあ天下」というのは女性が男性を尻に敷くという意味ではないのです。
本来は、夫が居ない家を守る、しっかり者の女性、という意味。
養蚕が盛んだった群馬では、女性が働き者という事で他の地域から評判だったんです。

当店の女の子も、そんな群馬の血を受け継いだ、しっかりとサービスする女の子ばかりです♪
高崎のデリヘルで、群馬ならではのサービスを、ぜひ「恋する人妻」でお楽しみください!


 高崎・伊勢崎周辺のラブホテル集中地帯情報♪


デリヘルを利用する時に大事なのがホテル選び。
当店では高崎を中心とした各地域のラブホテルをご案内しております。
でも、具体的にどの辺りにホテルがあるのか、わからないことも多いですよね。
そこで高崎市周辺のホテル集中ゾーンを紹介しますね♪
ご利用しやすい地域のホテルをお選びください♪


・高崎問屋町

高崎中心部から程近いエリアなら、問屋町がオススメ!
17号にほど近い、お車でのアクセスも便利なエリアです!
近くにはドン・キホーテが深夜まで営業しているので、行き帰りの買い物もとっても便利♪
眠らない夜の高崎を、存分に楽しみましょう!


・高崎観音山

高崎観音の近くにもホテルがいくつか集中しています。
1936年にできた高崎観音は、高崎のシンボルのひとつ。
少し高いところにあるホテルを選ぶと、きれいな夜景が見える部屋もありますよ!
美しい景色を見ながらのデリヘルもオツなものです。


・高崎IC

インターチェンジといえばラブホテル。
子供の頃、あのお城はなんなのか疑問に思った人も多いのでは。
デリヘルを呼ぶにもアクセス便利なのが一番!
移動時間を敏速に考えられ忙しい貴方にピッタリ♪


・前橋石倉

前橋でご利用するなら、前橋石倉周辺がおすすめ。
こちらも17号沿いなので、お車でのアクセス至便♪
利根川の西側にホテルが点在しています。


・伊勢崎オート周辺

伊勢崎オートの周辺にもホテルが沢山あります。
綺麗で人気のホテルから格安のホテルまで・・・
オートレースの後のデリヘルはいかがですか?


・赤堀曲沢

伊勢崎でデリヘルをご利用なら、赤堀曲沢も便利です。
国道50号の曲沢町交差点の周辺に、沢山ラブホテルが有りますよ。
お部屋が広く、しかも綺麗なホテルが多く金額もニーズナブル!!
伊勢崎市やみどり市の方も、デリヘルならぜひ当店を!


・藤岡IC

藤岡ICにもホテルが集中してます。
お洒落な雰囲気や落ち着いた雰囲気と、こちらも様々なホテルが沢山
甘楽地区や隣県からも、お車で立ち寄りやすいですよ♪


・本庄エリア

烏川、神流川を渡った本庄でも当店はご利用頂けます!
本庄児玉インター近くにホテルが便利ですが、本庄でご利用の場合、
ホームページに記載のホテル以外はご利用頂けないのでご注意ください!


・他にもホテルがいっぱい!

安中(板鼻)の近くや環状線沿い、17号沿いなど、高崎には他にもホテルがいっぱい!
お近くの便利なホテルをぜひご利用ください!


 高崎の風俗店の歴史


今でこそ、群馬の風俗は当店のようなデリヘルが主流になりました。
でも歴史の影には、消えていった夜の歴史があるんです。

高崎にも、歓楽街の歴史がありました。
ここではその一端を、少しだけご紹介しますね。

デリヘルを呼ぶときに女の子に豆知識を披露できるかも♪


・軍都高崎の歓楽街

群馬県の県庁所在地といえば前橋市。
赤城山のからっ風で育った群馬県民なら承知の事ですが、県外で聞いてみると、
高崎だと勘違いしているという人も多いです。
それもそのはず、なんといっても、新幹線が停まるので知名度バツグン!

では、高崎と前橋が今のような双子都市になったのはなぜでしょうか?
実はそこには、長い歴史があるんです。

もともと城下町かつ、中山道の宿場町でもあったのは高崎ですが、
群馬県の県庁は前橋に置かれてしまいます。
その代わりなのかはわかりませんが、高崎に置かれたのは陸軍の歩兵第15連隊。
このことにより、戦前の高崎は軍都として発展することになるのでした。

そして、街が発展してくると生まれるのが歓楽街。
もともと城下町として遊郭があった高崎の夜は、更に華やかになっていったのです。
ご多分に漏れず、高崎にも歓楽街、のちの赤線が発達していったのでした。


・高崎の遊郭 柳川町

高崎で遊郭があったのが、柳川町と呼ばれる一体です。
現在も住所に地名が残っていますが、今ではかつての面影がかすかに残っているだけです。

場所は高崎駅から北西に10分位、歩いた場所。
高崎城址の北隣です。
かつては高崎藩士もこの辺りに家を構えていて、自由民権運動家の宮部襄、
キリスト教伝道者の内村鑑三、日銀総裁の深井英五らは、この町の西側の生まれです
。 町の西側は武家屋敷だったのですが、東側はもともと湿地帯だったため、空き地になっていました。
その場所を上手く利用することが、花街として発展していく理由のひとつとなりました。

柳川町のはじまりは江戸時代のこと。
当時、宿場町には飯盛女と呼ばれる私娼がつきものでした。
もちろん、中山道の高崎宿でも同じです。
ところが、高崎が他と異なったのは、宿場町であるとともに城下町でもあった。
高崎藩は幕府の要職を務めることも多いお家柄。
その為かはわかりませんが、高崎城下では公には飯盛女が禁止されてしまったのです。
働き場所を失った彼女たちが集まったのが、湿地帯であった柳川町だったのでした。


・戦前の繁栄、赤線柳川町

陸軍連隊が置かれ、高崎駅が鉄道の要衝にもなると、益々、高崎も柳川町も繁栄するようになりました。
軍人さんの相手をする芸者が沢山いたという華やかな姿は、今からは想像することもできません。
戦前の柳川町は東京の吉原に並ぶ花街として名が知れ渡り、県外から高崎まで足を運んでくる者も多かったようです。
戦後、GHQの指定により、いわゆる特殊飲食店が集まる地域が指定されることになりました。
赤線の誕生です。

マッカーサーの禁止令により壊滅寸前になるという一幕もありましたが、朝鮮戦争による特需で柳川町は息を吹き返します。
その華やかさは、戦前ともひけをとらないくらいだったといいます。

しかし、昭和33年に施行された売春防止法により柳川町は大打撃を受けます。

東京ではトルコ風呂、現在のソープランドに業態を変えて生き残った場所が多かったようですが、
群馬県ではソープランドが認められなかったため、キャバレーやスナックなど他業種への転換が相次ぎました。

その後も柳川町は夜の街として栄えていましたが、空洞化の例に漏れず、徐々にシャッターを下ろす店が増えていったのでした。

現在では閉館してしまいましたが、映画館もあったので、もしかしたら足を運んだことがある人も多いかもしれないですね。


・高崎の風俗の現在

では、現在の高崎の風俗はどうなったのでしょうか。

日本全国そうであるように、高崎でも、当店をはじめとしたデリヘルが中心的な業態になっています。
群馬県が日本一の車社会だということも、その理由のひとつかもしれませんね。
ラブホテルを利用するデリヘルなら、車で行くことが簡単にできるのでとっても便利。
かつて吉原と並ぶと言われた高崎の花街。
郊外へと場所こそ変わりましたが、そのスピリットは現在も受け継がれているんです。

かつての花街とデリヘル、形態こそ異なりますが、ぜひデリヘル店では「恋する人妻」 当店をご利用くださいね♪